防災グッズ展の開催

災害防止研究所では、「防災グッズ展~親子でガッテン!! 家族で生き残るため~」を開催しています。食べる、暮らす、着る、遊ぶという日常生活のなかで、災害に備えるための大切な要素を提案するイベントです。会場では「防災グッズ大賞」の受賞作品の展示のほか、専門家による講演、防災料理の実演など役立つ情報や知識を提供しています。

2019年「防災グッズ展」

日時:2019年9月1日(日)10:00~18:00
会場:阪急百貨店うめだ本店9階 阪急うめだホール
主催:一般社団法人災害防止研究所
特設サイトへ(https://www.saibouken.or.jp/goods2019/


画像をクリックするとpdfが開きます。ご自由にダウンロードしてください。

会場の様子


会場風景(1)

来場者アンケートの結果をこちらからご覧になれます

認証制度の確立

災害防止研究所では、新しい防災基準に基づく認証制度や、災害防止に注力する企業や団体を評価する認証制度によって、企業や団体が組織の生産性を高め、災害等に対する危機管理を確かなものにする環境を整備していきます。また、安全安心で、質の高い生活・暮らしの実現に貢献する商品やサービスの認証制度などを創設します。

イベント

災害防止研究所では、各種の団体がイベントに協力、後援を行いながら、災害防止に関する意識を啓蒙していきます。

講師派遣

災害防止研究所では、災害防止につながるセミナーや講習会向けに講師を派遣しています。

1. 経営セミナー

講演料100万円/90分を基準。講演内容の一例は以下の通りです。なお、講演の録音、録画、撮影はご遠慮願います。

吉田 明生

  • 成長戦略としてのESGと災害防止
  • リーダーシップ(人を動かす、組織を動かす、構想で動かす)
  • 危機管理の考え方、メディア対応
  • 不透明な時代の戦略の思考過程、計画策定のノウハウ
  • 意思決定、情勢分析のノウハウ

柏木 白光

  • 生き方/女性の社会進出
  • 新しい世界を拓く、逆境に勝つ、夢を実現する
  • 創造力、発想力、集中力を養う
  • 文字の歴史、文化/教養としての書の世界
  • 書家の危機管理

中野 晴生

  • 働き方改革の指針/自由人と組織人の生態系
  • 世界を歩く
  • ファインダで切り取る世界、人間・歴史・伝統
  • 写真家の危機管理

大西 清

  • 先進技術で拓く世界
  • 体験者、エバンジュリストとしての障害者就労支援
  • 震災復興の将来、仙台からの情報発信
  • 先進技術と危機管理

柴原 薫

  • 環境保全と防災
  • 日本の未来を育てる100年の計
  • 森林資源と神社仏閣
  • 「木は氣なり」樵の生き方

2. 災害防止セミナー

講演目的に応じて、内容、講演料は相談に応じます。

  • 災害対処の考え方
  • 家庭における災害対処準備
  • とっさの対応
  • アンチストレス(ヨガ教室体験)
  • その他

パートナー企業の活動

災害防止研究所ではパートナー企業との連携を図りながら、防災に役立つ社会貢献活動を展開していきます。下記事項等について、災害防止研究所を通じて、ご用命ください。
(申し込みフォームは、「お問い合わせ」の項をご覧ください。)

パートナー企業

ウッドオフィス(株)

映像コンテンツ企画制作関連

(株)GSTYLE

イベント企画制作運営関連

Yoga space Hikari(ヨガ教室)

危機時の精神安定法、アンチストレス、企業向け健康プログラム等 ヨガ教室関連

(一社)ドローンテックラボ仙台

ドローンの操縦講習、空中撮影、実証実験、運用アドバイス等

幸珠院

メンタルヘルスケア、ブレスレット制作

活動状況

外国人留学生支援

株式会社トモノカイが主宰する、高度外国人人材である留学生に対する「グローバルカフェ 外国人留学生のためのオフ会」に運営協力。災害情報の入手、災害時の対応について啓発、普及しています。

その他の活動

・2019年10月30日(木)
大阪の会員が、長野市に、水のペットボトル10ケースをお届けました。

・2019年11月11日(月)
吉田明生代表理事が、仙台市商工会議所で開催された仙台三高経世尚志会設立総会(企業主、企業役員等45名)において、「危機のリーダーシップ」をテーマに、見通し不透明、流動的、状況不明な情勢下において、どのようにして目標を見いだせば良いのか、どのように組織作りをしていけば良いのか、危機への備えと状況判断などについて、陸上自衛隊の戦術教育や各国の軍で普及している普遍的なノウハウを紹介しながら、お話しました。

お問い合わせはこちらからお願いいたします