1 人の学びはマイナス感情から始まる

人は、生まれて以降、マイナス感情からスタートして、さまざまな感情を身につけていきます。不快から快が生まれ、怒り、嫌悪、恐怖の感情から得意、愛情が芽生えてきます。愛情に対する嫉妬が生じ、喜びの感情に分化していきます。

「楽あれば苦あり」と言いますが、人間の感情は、「苦あるがゆえに楽あり」なのです。

人間は、物事を悪くとらえる性癖がある、心配からしか学べない、劣等感は人生のバネになる、というのは人間の本質的なものの感じ方なのです。

情報分化の様相(ブリッジェス、1932)

(『アサーション・トレーニング 自分も相手も大切にする自己表現』平木典子編、至文堂から)

マイナス感情は悪いことではなく、極めて自然な感情なのです。問題は、それをどう受け取めて、どう解釈してプラス感情に結びつけ、行動に移すか、ということです。

2 「出来事」を頭で受け止める

人間の行動は、起きた「出来事」をどのように受け取り、それをどのように考えたかの記憶に左右されます。何も考えずに出来事を受け入れただけのときは、それまでにすり込まれた無意識や固定観念や思考のクセによって出てくる「感情」に流されてしまいます。

本当は「思考」を通じて、「感情」をコントロールできるのですが、何も考えないまま、起きた「出来事」に反応して出てきた「感情」に流されてしまうと、怒り、悲しみ、羞恥心、罪悪感、不安などのマイナス要因が先行して、「行動」にまで影響してしまいます。 

「大変なことになったと思ったが、冷静になって考えて見たら、大したことではなかったよ」とか、「よく考えて見たら、すごく良いチャンスだった」とか、「時間が経ってみれば、何も関係なかったよ。気を病んで、損をした」ということがあります。

どのような方向に流されやすいか、自分の「思考のクセ」を知れば、「思考」をよりポジティブな方向に向けやすくなります。

「思考」というステップを踏む習慣をつけることによって、「出来事」を頭で受け止め、解釈し、「意志」を固めることによって、感情や行動を変えることができるようになります。

「出来事」を一度、頭のなかで受け止めて、無意識や深層心理や自我や既成概念などによって生まれたマイナス感情を取り払い、ポジティブな行動に結びつけるように考え方を整理していきます。

目標に向かって前進することに集中することによって思考の焦点と方向性が明らかになって、問題点を整理しやすくなり、行動を阻害するネガティブ要因の対策、処置が出てくるようになります。