自尊感情が「自分を尊重する感情」であるのに対して、自己効力感は、仕事や課題に対して成果を出すことができる、あるいは適切な行動をとることができるという、「自分の能力に対する確信」のことを言います。

自己効力感の強い人は、何度失敗しても、失敗に価値を見出し、失敗を糧に目標に向かう力のある人で、逆境にひるむことなく挑戦し続けます。

人は、自分が望んでいる“何か”を実現するために生きているのですから、自分の行動や起こった出来事の良し悪しや意味は自分で決めれば良いのです。他人の期待を満たすために生きているのではありません。

自己の努力を認め、成功したか失敗したかにかかわらず、常に、その結果を正面から受け入れて、自分自身の成長の糧になった、成長したと前向きに思うことのできる人は、いつか必ず成功します。

自分の目標に価値を見つけ、やればできる、と自分の能力を信じて行動する人は、苦しくても諦めません。大事なことは、常により良いものを目指して、進むことです。日々、小さな改善の努力を積み重ね、それによって「自分が目標に向かって前進しているのだ」と信じる力が、自己効力感です。

人は必ずしも明確な“何か”を意識しているわけではありませんが、励ましや、他人から認められたりして、自分が“何か”の役に立っている、その“何か”に気がついたときの喜びや充実感を与えられたとき、自分の能力に対する確信になり、勇気につながります。子供が、褒められて、自信を持つ姿を思い出してください。 

この自己効力感は、「ある行動がある結果を生み出すという期待や推測」があることと、「ある結果を生み出すために必要な行動をうまく行えるという確信」を持つことで高まります。

確固たる自己効力感は、「自分自身で達成した」という成功体験を持つことで自分の能力を認知し、より強く意識されるようになります。同じような人が努力して成功している “お手本(代理体験)から学ぶこと”も有効です。

つまり、目標を定めて、計画を練り、準備を整え、成功の確信をもって実行に移すという当たり前の手順を踏むことが、成功への道になるのです。