私たちは、さまざまな出来事に遭遇しますが、現実に起きたことは変えることができません。しかし、それをどう受け取るのかは自分の考え方一つです。

野球の強打者だって4割は打てません。6割以上が失敗です。サッカーやバスケットボールのシュートでも同じようなものです。

完璧主義に陥ってはいけません。世の中には完璧というものはあり得ないのですから、失敗を積み重ねているうちに成功がやってくる、そう思えば、元気が出てきます。

大切なことは、目標に向かって進むこと。起こったことをどうとらえるか、失敗した、と思ったとしても、次の瞬間に発想を転換できるかどうかです。失敗だってやってみなければ分からないのですから、失敗だと分かっただけでも大成果です。

どうしようもない壁に突き当たったとき、誰もが「しまった」と思うのは仕方がないことでしょうが、方向を変換する良いチャンスだと考えることもできますし、問題点がはっきりしたからもっと進むことができると考えることもできるのです。

何かしようとして議論をしているとき、皆の意見が異なることはよくあることですが、自分の考えに固執するか、他人の意見を取り入れて、より良い考えを導き出そうとするかで、その後の行動が大きく変わってきます。

富士山に登る経路は、決まった経路だけではなく、360度、限りなくあります。

他人の意見をよく聞く人は、自分の考え以上に幅広い選択肢を持つことができます。

将来の目標を持っている人にとって、途中での妥協は挫折ではなく、一つの出来事でしかありません。常に、これからどうすれば良いかを考えながら足元を見ていれば、柔軟な発想が出てきて、新しい道が開けてくるものです。

私たちの将来は、経験した出来事によって決められるのではなく、過去に起きた出来事をどう「意味づけ」して記憶に刻んだかによって決まってきます。

自分の目的や目標に適う価値を見いだすことができた人が、「良い経験をした」と言えるのです。自分の目的や目標に対して、与えられた状況をどう解釈するのか、という精神的な柔軟性、心の持ち方を問われているのです。

環境や他人の意志や起きてしまった事実を変えることはできませんが、それをどう受け取るかは、あなた自身が決めることです。前向きの「意味づけ」(価値)を見つける精神的柔軟性を持った人が、充実や幸せを感じることができる人です。