「自分は素晴らしい存在だ」と自覚しながら、自分を大切にして自分を肯定的に評価しようという感情で、自分を信じる気持ち(自信)につながります。

子供の教育や躾のことを思い出せば良いでしょう。

子供が何か問題行動を起こしたとき、よく話を聞いて安心感を与え、行動した理由や原因を見つけ出して認めてやれば、どうしたら良かったのかの気づきが生まれます。

責めたり、恥をかかせたり、厳罰を与えたりすると、他人を批判する気持ちや劣等感が先に立ってしまいますが、気づきを与えて励まし、勇気づけることで、自分を大切にする気持ちや自信が生まれて、前向きに行動する力が湧いてきます。

問題は、どうすれば良かったのか、なのです。その答えが間違っていたから、問題になったことに気づかせて、他の選択肢があったことを自分で考えさせることです。そうすることによって、自分を信じてくれている人が傍にいるのだ、という親への信頼感が生まれます。

大人でも同じです。問題は、次にどうするかです。

他人の評価ばかり気にしている人は、失敗したことばかりが気になって、自分を卑下したり責めたりしてしまいます。それだけでなく、他人を責めたり非難して、無理矢理、失敗を正当化しようとしたりします。自分の努力を評価できず、何故そうなったのかを考える余裕がありません。

昨日よりも今日、今日よりも明日、明日よりも明後日、何かが身について自分の能力が伸びていることに気がつけば、喜びが生まれます。可能性に目を向け、自分を大切にして肯定的に考える人は、成長できる人です。

すべてのことができるオールマイティな人はいませんから、人それぞれ、できることに限りがあります。自分の思考パターンや強み・弱みなどの能力、人生の目標や価値を意識することによって、どんなときにでも自分が果たすべき役割や価値を見出すことができるようになります。

仕事の意味や部分の存在意義を意識づけることで、積極的に進む意欲を強くすることができます。

自分に価値があると考え、自分を大切にする人は、周囲の人たちを大切にします。レジリエンスは、自分の力を信じ、隠れた自分の内なる力を最大限に引き出すことによって生まれる力ですが、それは他者との関わりを大切にする意識によって気づかされるものです。

ありのままの自分を大切にする自尊感情は、他者を思い遣り、感謝して、すべてのものとのつながりを意識する出発点になるものです。