ここでは、レジリエンスの構成要素として、自尊感情、感情のコントロール、楽観性、精神的柔軟性、自己効力感、他者とのつながりの6つをあげています。

その6つの構成要素の関係は、「自分を大切(自尊感情)にすることを出発点とし、楽観性と精神的柔軟性をもって周りで起きることすべてを受け入れ、感情をコントロールして、ポジティブな行動することを通じて、他者とのつながりを育てる」、というつながりです。

人は、他者との関係で、自分を評価したり、自分に気がついたりするものです。

もちろん、自分自身を大切にして充実感や満足感が得られるように努力することは当然のことなのですが、周りの人たちへの思いやりや親切や貢献や感謝に対して、喜ばれたり、感謝されたりして、より大きな幸せや充実感、心の豊かさを感じることができます。

他者とのつながりを大切にすることによって、人様や社会の何かのお役に立っていることを知り、実感することができる。それによって、存在意義や人間としての価値を感じ、人生の目的や目標を実現できるものだ、と考えています。