暖かく見守ってくれる家族や信頼できる仲間を持っていることなど、支持的な人が傍にいてくれることは、人が生きていく上での心の支えになります。

ここまで述べてきた自尊感情、感情のコントロール、楽観性、精神的柔軟性、自己効力感のどれをとっても、他者との何らかの関係を通じて意識させられるものばかりです。

自分中心にしか考えられない人にとって、他者との関わりは、悩みやストレスの原因にしかなりませんが、すべてのものとのつながりを意識し、つながっているすべてのものに生かされていることを感謝する気持ちが生まれたとき、運命とも感じられるような深い愛情や幸福や喜びに気づくことができます。

心理学者のアドラーは「すべての悩みは人間関係の悩みである」と考えましたが、人が生きる幸せや喜びもまた、人間人関係のなかでしか得られません。

人が生きる価値や意味は、他人への思いやりや親切によって、何かのお役に立っていると自覚し、他者への感謝や愛情を感じたときに見つかります。

人の使命感はそういうところから出てくるものです。

友人とのつながりは、職場、地域などのコミュニティ、社会とのつながりに広がります。両親とのつながりは、祖先を通じ、時空を越えて、さらに多くの人たちとのつながりになります。

私たちが現在、当たり前のように享受している豊かさや便利さ、平和や安全・安心などすべてのものは、祖先の人々が営々と築き、受け継がれてきた遺産です。私たちは過去からの結びつきのなかで生きています。

つながりは、人間関係だけではありません。

大自然から受ける恵みへの気づきは、人間という存在が周囲のすべてのものに支えられ、生かされているのだ、という生きとし生けるすべてのものへの感謝の気持ちとなり、それは宇宙の神秘への畏敬の念やスピリチュアルな意識へと発展していきます。

人は「大きなもの」につながっていると信じたとき、目の前の逆境が小さなものに思えて、それを乗り超える勇気が湧き、何かの役に立ちたいと考えます。