レジリエンスについて一貫した定義はありませんが、そのなかで一般的な表現は、「逆境や困難、強いストレスに直面したときに適応する精神力と心理的プロセス」(APA 全米心理学会)、「ストレスや逆境にさらされても、適応し、自分の目標を達成するために再起する力」、「逆境から素早く立ち直り、成長する力」などと言われ竹のように曲がってもすぐ戻る復元力や回復力、テニスボールのように凹んでも跳ね返すという弾力性、新たな厳しい環境化でもやっていける適応力、外的な刺激に対する柔軟性などの意味で使われています。

レジリエンスは、ストレスや逆境に落ち込むマイナスを減らし、できるだけ早く立ち直らせ、前に進む力を持続させることを言っていて、直接、成長につながることを意味しているわけではありません。

レジリエンスを高める効果には、次のようなものがあります。

  • 集中力、活力を高くして、パフォーマンスを高めて、働くことができる。
  • より独創的、包括的に問題を解決できる。
  • 周囲の状況に対して、より効果的に働きかけることができる。
  • 限られた資源を最大限に活用できる。
  • ストレスに、より効果的な対処ができる。
  • リスクを特定し、より効果的に対処できる。
  • ネガティブな出来事にうまく対処できる。
  • 問題行動が減少する。
  • より前向きに、充実感を持って、幸せな気分で生きることができる。

レジリエンスは、いつの時代においても、どのような環境下においても、心身の健康を保ち、充実感や幸福感を味わいながら暮らし、落ち込むことなく、あなたの能力を発揮して、仕事で満足のできる成果を出すために、常に必要とされるものです。

レジリエンスを養う智恵は、教育者や宗教者たちの教えのなかだけではなく、今まで意識してこなかった、歴史や文化や伝統、躾、エチケットやマナー、習慣、ことわざ、教訓、言い伝えとして、暮らしのなかに脈々と受け継がれ、特に、日本人が受け継いできたDNAのなかに染みついています。

こうした私たちの周りに当たり前のように存在する“善きもの”をもう一度見直し、体系化して気付きを与え、活かしていきたいものです。

私たちは、実際の辛さよりも2~3割厳しめに未来を予測すると言われています。そのとき、悲観的なものの見方は、人を必要以上に不安に陥れます。

どんな出来事に遭遇しても、それを幸運ととらえるか、不運ととらえるのかは、人それぞれの受け取り方次第です。出来事は変えられなくても、その受け取り方を変えることはできるのです。

あなたが経験したさまざまな出来事をどのようにとらえるか、受け取り方一つで、あなたの感情は大きく変わり、将来の行動にまで影響してきます。「人生には無駄がない」と言われるように、起こった出来事をよい経験だ、有益だと思った瞬間に、無駄なものがなくなり、すべてがかけがえのない、価値ある経験になります。

だからこそ、物事を前向きにとらえて進んでいく発想方法、日常の考え方、姿勢、生き方を知り、習慣化して、身につけることに価値があります。