感情は、過去の出来事に対して感じるものです。私たちは、これからのことを考えて、どうすればより良い結果が得られるかを考えて、行動しなくてはなりません。

苦しい、悲しい、怒りを感じる、嬉しい、楽しいなど大きく気持ちが揺れ動いたときに、自分の感情や考えを冷静にとらえてコントロールし、次の行動に向かわせることはレジリエンスの基本です。

終わったこと(過去の出来事)は変えられませんが、それをどうとらえて、将来に活かすのかは、あなた自身で決めることができます。

スポーツ選手が試合の前に深呼吸をしたり、瞑想をしたり、決まったルーティンワークをしたりするのは、よく見かける一つの有効な感情のコントロール方法ですが、ここではもう少し幅広く、日常生活のなかでの感情のコントロールのことを言っています。

人の感情は、出来事に遭遇した瞬間、ほぼ同時に考える間もなく、無意識のうちに吹き出してくるものですが、この感情は、意識して考える(思考)ことによって、コントロールすることができます。

その出来事のなかから、自分にとって少しでも良いものを見つけ出し、その芽をどうやって育てていくか、プラスに向かって行動することを考えるのです。

他人や環境を変えることはできませんが、自分の気持ちや行動を変えることはできます。過去の出来事を冷静に受け止めて、良いところや役立つことを見つけ出して、行動に結びつける思考の習慣を身につけること。

これが感情のコントロールです。

一喜一憂する人は、期待と不安が交互に現れて、精神的に疲弊してしまいます。

問題は、過去に起きた出来事にあるのではなく、それをこれからの行動に行かせるかどうか、あなたが目標に向かって少しでも近づけることができるかどうか、というあなた自身の心の内にあります。

塵も積もれば山となる。

楽しい気持ちや嬉しい気持ち、喜びや充実感などを大切にして、感情を目標に向かう力に向かわせることです。

その瞬間、その瞬間の感情に動かされず、自分にとって大切なものを見定めて、目的や目標に向かってひたすら前に進むように感情をコントロールことが大切です。