昭和の時代、「フーテンの寅さん」という映画が長い間、流行りました。

フーテンの寅さんの決まり文句に、「結構毛だらけ、ネコ灰だらけ」、「明日は明日の風が吹く」というのがあり、その映画の魅力は、どんなことがあっても、クヨクヨせずに前に向かって進んでいく寅さんの姿にありました。

今の時代、お笑い芸人が、辛いことや苦しいことを笑いに変えて笑い飛ばし、観ている人たちに元気を与える、あれが楽観性です。

“楽”という文字は、手鈴の象形文字で、古代のシャーマンが手鈴を鳴らして神を呼び、神を楽しませ、また病を治療した。つまり、「楽しい」ということは、神をも喜ばせ、人々に元気を与えたということから来ています。

楽観性は、元気の素で、生きる活力に通じます。

明るい人は、心の内から光っていて、それだけで愛情を感じさせます。困難な状況下でもユーモアのセンスをもって表現する人も同じです。暗くて魅力のあるという人など見たことがありません。

魅力のある人の周りには、魅力のある人が集まってきます。

ただ表面的に明るいだけで行動が伴わない人は、売れないお笑い芸人と同じで、相手にされません。

楽観的な人、明るい人、楽しそうな人には、明るく楽しそうにできる理由があります。それが先に述べた「感情をコントロールする力」で、さまざまな感情を楽しい方向に向ける思考の努力ができているのです。

「何とかなる!」という楽観的な考え方は、単に「心配しない」ということだけではなく、今できることを精一杯やってみようと、感情をコントロールして、ポジティブな姿勢や行動を生み出す力の源泉になります。チャレンジする気持ちで行動すれば心が折れることはありません。

人は、行動するために生きています。

楽観性とは、目の前の現実を直視し、どんな試練や逆境にあっても、少しでも可能性を見つけ出して、最善の結果が得られるように働きかけていく能力のことです。

行動すれば、新しいことに出会う。新しいことに出会えば、知らなかった世界を見ることができる。知らなかった世界に踏み込めば、今までと違った自分に気がつく。違う自分に気がつくと、次の可能性が拓けてきます。

何か失敗をしても、「勉強になった」「問題点が見つかった」「改善すればいい」と思える人には、失敗したことが大きなプラスに働きます。

現在の状況を悲観してクヨクヨせずに、未来は必ずより良いものになる、良くすることができるのだと信じてチャレンジする人に、幸せは訪れます。

楽観性は、積極的な人を育てます。