レジリエンスについて学ぶ目的は、失敗を怖れて行動回避する癖を直し、失敗して落ち込んだ気持ちから抜け出して、そこから目標に向って前に進むことのできる力をつけることにあります。

「レジリエンスには、思考の柔軟性が必要な事が分かってきました。つまり、厳しい状況でもネガティブな面だけではなくポジティブな面を見いだす事ができる人が、逆境を乗り越える事ができるのです。」

ポジティブ心理学(心理学者 イローナ・ボニウェル博士)

レジリエンスは、「逆境や困難、強いストレスに直面したとき適応する精神力と心理的プロセス」のことを言い、訓練によって高めることができます。

例えば、どんな困難にも負けない、レジリエンスの高い兵士を養成することは、軍隊の訓練の本質的な課題で、米陸軍では、特に兵士の精神面でのトレーニングに着目し、レジリエンス・センターという訓練施設を設け、バトルマインド・プログラムなど、さまざまなレジリエンス向上施策を行っています。 

近年では、学校や仕事や家庭においても、広く役立つ有益なトレーニングだと認識されるようになってきました。

第一次世界大戦後、肉体的、精神的に傷ついた数多くの兵士の社会復帰のために生まれたリハビリテーションが広まり、一般化して病院の機能回復治療として定着していったのと同じように、それ以上に、このレジリエンスは普及していくものだと思います。

具体的には、「レジリエンスの6つの構成要素(自尊感情、感情のコントロール、楽観性、精神的柔軟性、自己効力感、他者とのつながり)」を高める方法を理解し、レジリエンスを高める習慣と考え方を身につけることを目指します。

子供から大人まで、個人から(トップリーダーを含んだ)組織人まで、幅広い人々を対象にして、日常生活のなかで、人のポジティブさを引き出す所作などを習慣づけ、柔軟で積極的な考え方を身につけるための学びと実践を基本プログラムとしています。

人災から自然災害まで、何が起こるか予想できない、不透明かつ流動的な時代です。

家庭、地域、職場などの日常生活のなかで、ポジティブな生き方で、どんな災害にも負けない、明るく、レジリエンスの強いたくましい人材を育成したいものです。